1. ホーム
  2. 注意点
  3. ≫カンジダ症に感染するのは性器だけじゃない、全身でさまざまな症状が現れる

カンジダ症に感染するのは性器だけじゃない、全身でさまざまな症状が現れる

カンジダ症とは、性器にカンジダ真菌が感染する事で発症する病気の事です。
特に女性に感染しやすい事から、カンジダ症と聞くと、膣カンジダをイメージする人も多いでしょう。

膣カンジダ以外のカンジダ症について

ですが、実は免疫力が低下し、カンジダ真菌が性器以外の場所でも感染し、さまざまな症状を引き起こしてしまいます。
皮膚や胃腸の不具合は、まさかカンジダ症が原因だとは思いませんよね。
では、どのような症状が現れるのか、いくつか紹介していきます。

まず全身症状としては、低血糖アレルギー症状慢性疲労皮膚炎筋肉や関節の痛みなど、さまざまな症状が現れます。
胃腸の症状では、食欲不振消化不良による慢性的な便秘下痢腹痛などです。
身体だけではなく、中枢神経にもカンジダ真菌は影響を及ぼし、不眠症情緒不安定集中力の低下抑鬱などの症状も現れます。

その他にもホルモン異常頭痛めまい耳鳴り聴覚障害など、一見カンジダ症だと気づきにくい症状が現れてしまうため、
何か病気になってしまったと、内科や耳鼻科、精神科など、検討違いな科を訪れてしまうため、病気の発覚が遅れてしまいます。
カンジダ症は、産婦人科なので、今まで膣カンジダに感染した事があり、原因不明で上記の症状に該当する人は、
産婦人科を受診してください。

カンジダ症の症状が全身に現れる理由

なぜこのように、カンジダ真菌が全身に影響を与えてしまうのかというと、カンジダ真菌は増殖する時に毒素を発生します。
その毒素は解毒のために肝臓に送られますが、増殖の量が多すぎると処理出来ない毒素が血液によって、全身に運ばれてしまいます。
そのため、全身でさまざまな症状が現れてしまうという訳です。

全身に症状が現れている状態では、免疫力を高める事は非常に難しいと言えます。
栄養のバランスの取れた食事を摂取したくても、食欲不振や腹痛で食事をする事が難しく、また不眠症では睡眠不足に陥ってしまいます。
そのため、一刻も早く病院で適切な治療を行う事をおススメします。