1. ホーム
  2. 正しい知識
  3. ≫カンジダ症は再発率が高いので、再発予防のために生活習慣を見直そう

カンジダ症は再発率が高いので、再発予防のために生活習慣を見直そう

カンジダ症の原因になるカンジダ真菌自体は、健康な女性であっても体内に存在する常在菌です。
膣カンジタとして発症してしまうのは、女性ホルモンがバランスを崩し、免疫力が低下してしまう事が原因です。
完治しても再発を繰り返しやすい感染症だと言えるので、再発しないためには、生活習慣を見直す必要があると言えるでしょう。

再発予防のために

まず、カンジダ真菌は、高温多湿の状況で菌が増殖しやすくなります。
そのため、乾燥させた状態をキープする事が再発予防につながります。
シャワーや入浴後は、しっかり乾かした状態で下着を付けましょう。
下着は通気性のよいもの締め付けないサイズのモノを選ぶようにして下さい。
特に、生理中は女性ホルモンのバランスを崩しやすく免疫力も低下している状態です。
その上で、生理による経血のため高温多湿になりやすい環境が揃っています。
なので、ナプキンは小まめに交換するなど、出来るだけ清潔な状態を心がける必要があります。

免疫力アップを目指そう

免疫力アップのため、生活習慣で気を付けたい事は、栄養のバランスの取れた食生活適度な運動睡眠不足の解消などが挙げられます。また免疫力は体温が下がると低下してしまいます。そのため冷え性の女性は冷え性改善にも取り組みましょう。
面倒だからといって、シャワーだけですませていませんか?
湯船にしっかりつかる事で血行の流れがよくなり、冷え性の改善にもつながります。
他にも、なかなかコントロールをするのは、難しいですが、ストレスは免疫力を低下させる要因なので、上手にストレスと付き合ってきましょう。

カンジダ症の再発率は高く、生活習慣を改善しない限り、薬で完治しても何度でも再発する可能性があるので、注意してください。