1. ホーム
  2. 正しい知識
  3. ≫身体の構造上感染率が低い男性が、カンジダ症にかかる原因と症状と治療法

身体の構造上感染率が低い男性が、カンジダ症にかかる原因と症状と治療法

カンジダ症とは、性器にカンジダ真菌が感染する感染症です。
性器に感染するため、性病の一種と勘違いされる事もありますが、基本的には自己感染です。
そもそもカンジダ症の原因であるガンジダ真菌は、常在菌として、身体の中に存在します。
これらの菌が、免疫力が低下した時に、増殖を抑える事が出来なくなり、カンジダ菌を発病してしまうのです。

カンジタ症の感染経路

ただし、基本的にという言葉を使ったのは、自己感染がほとんどですが、セックスでも感染する事があるからです。
セックスで感染するケースは、パートナーがカンジダ症に感染している時にセックスをし、
セックス時に免疫力が低下しているという条件が揃えば、5%前後の確率で感染すると言われています。

ですが、男性の場合は、性器がむき出しになっていて、セックスの後にシャワーで洗い落とされるため、
セックスによる感染は、ほとんどありません。
ただし、包茎の場合は洗い落とす事が難しいので、稀に感染する可能性があります。

男性のカンジダ症について

カンジダ症で検索すると、膣カンジダの原因や症状、治療法がヒットします。
身体の構造上、女性に多く感染する病気なので、男性のカンジダ症がどのようなものなのか、把握していない人も多いでしょう。
男性がカンジダ症に感染すると、男性器にかゆみやただれ痛みなどを感じます。あと白いカスや垢が出る事があります。
女性のように、強い痛みを感じる事はありませんが、放置してはいけません。

治療法としては、男性器を清潔な状態を保ち抗菌作用のある軟膏やクリームを患部に塗布します。
男性の場合は、感染率が低いので、再発する可能性も低いのですが、もし何度も再発する場合は、
包茎である事が原因なので、包茎手術を勧めるお医者さんもいます。

カンジダ症はセックスでも感染する可能性があります。
そのため、パートナーに移さないように、身体に異変を感じたら、絶対にセックスをしないのがマナーだと言えます。